palavra do cônsul

メッセージ

「第3回クイアバ日本祭り」の開催にあたり,ご挨拶申し上げます。  本年は,1908年の第一回笠戸丸移民から105年,そして戦後移住60年という節目の年になりました。

現在,日系人はブラジル全体で160万人とも言われ,マットグロッソ州においても,農業や経済などの各分野で御活躍されておられます。 日本は北から南まで様々な自然環境に恵まれ,地域ごとに特色を持った多種多様な伝統文化があります。この機会を通じて,素晴らしい日本文化である,舞踊,太鼓や歌などの芸能で楽しまれ,さらには日本食なども楽しんで頂きたいと思います。

さらには,この日本祭りが日伯両国の相互理解を深めるとともに,親善交流や経済交流の分野がますます活発になってゆくよう心より願っています。 結びに,今回主催されたセントロ・オエステ日伯協会関係者の皆様,後援されたマト・グロッソ州政府,クイアバ市政府,協賛された各団体並びに各企業をはじめとする関係者の皆様方に深い敬意を表するとともに,この度の「第3回クイアバ日本祭り」の成功を願い,私のメッセージとさせていただきます。


在サンパウロ日本国総領事 福嶌 教輝